カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

●シネマ●「SEX AND THE CITY2」

久しぶりに映画にいきました。
横浜ブルグ13で、「sex and the city」を。



ブルグ13は、最近みなとみらいにできた新しい映画館。
居心地よかったです~!

座席は広いし、
食べ物、飲みものはこんな感じに渡してくれて、
座席にセット。
ラクちんでした~。

f0062680_2327308.jpg


さて。
映画の感想です。
ネタがありなので、観ていない人は注意!

今回の映画はなんでしょうね・・
結婚してからの子供なしの女性の悩み、子供ありの女性の悩み、+サマンサ・・の話だと思いました。
☆キャリーは、結婚して2年たち、毎日の生活には不満はない。
が、いつまでもときめきがほしい、カウチでテレビ観たり、家でデリバリーの食事をしないで、
着飾って外にいきたい、というような悩みを持ち、ビックとケンカ。
ビックは、そんなキャリーに、週に二日、一人きりで過ごす日をつくろう、と提案し、
混乱する。
そんなとき、
4人で出かけたアブダビで、モトカレのエイダンに出会い、キスをしてしまうが・・・。

☆ミランダは、仕事場の上司と合わず、事務所を辞める。
が、仕事をしていない自分には納得できない。

☆シャーロットは、念願の娘を2人も育て、幸せだが、子育ては大変で、
ストレスをためている。
ある日、サマンサが、アイルランド人のベビーシッターをみて、ハリーと浮気するんじゃないか?
といい、それが気になり、心配になる。

☆サマンサは、更年期障害で、サプリを沢山摂取していた。
そんなとき、中東の富豪と出会い、アブダビに招待されるが・・・。

今回はテレビシリーズを多少なり観ていないと、意味不明なところがあります。
それは、エイダン。
キャリーとエイダンの関係を解った上で、見ないと、?って思うので。
今回もキャリーに関しては、あまり同調できないかな・・と。
ずっとおっかけてた人と一緒にいるわけで、
自分のしたいことばかり押し付けてる感が否めない・・
アブダビに行って、エイダンと偶然会って、ルンルンで食事にいって、
キスなんかしちゃって、そのあとになんでそれを「隠し事したくない」とかいってビックに言うわけ(苦)
この話、そんなに貞操感あったっけ・・・的な・・・。
確か、テレビシリーズでは、エイダンと付き合いながら、ビックとエッチしちゃって、ズルズル不倫して、それも自分からエイダンに言って別れたんじゃなかったっけ。
・・・そのエピソードを知っているので、結婚したから変わった、というのも、
ちょっと強引かなぁ、と。
もう少し違うエピソードなかったかなー。

サマンサは、予想通りやってくれました(笑)
これは現実離れしてて小気味いいからいい。
中東って設定で、絶対なんかやって捕まるんじゃないかなーって思ってたら、
本当に拘束されて、富豪からホテル追い出されちゃった(笑)
これは、予想通り。

ミランダ、シャーロットは、子育てと仕事、とか、子育ての悩みとかで、
あまりストーリーに沢山絡んでおらず、ちょっと残念な感じ。

そして一個。吹いたのが、「Iam a woman」って歌の題名がでてきて、
それに対して「私は女」って字幕がついていたこと。
それ、訳さなくていいんじゃん?って(笑)

と、ストーリーとしてはやっぱり1のが楽しめる感じで、
恋愛要素っていうか、そのあとの話が多く、日本のドラマにありそうな話になっていて
もったいないなーって思った。
でもまぁ、ビックとくっついちゃってるから、恋愛とかいう部分では広がりが出ないのは、
仕方ないのかも。
あと、
アブダビじゃなくて、やっぱりニューヨークのシーンが多いほうがよかったなーと思いました。

アブダビはありえないほどゴージャスで、いくらかかってるんだろう?とそんなことばかり考えていました(笑)
それでも全体的には軽く観るにはいい映画だと思う。
ただ長ーい。
初めのほうの結婚式のシーン、アブダビのシーン、カットしていい部分も多かった気がします~。
3がもしあるなら、もう少し細かいエピソードを入れてほしいなーって思う。

f0062680_002626.jpg


関連エントリ「SATC
トラックバックURL : https://yukiyukiot.exblog.jp/tb/14128405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukiot512 | 2010-07-06 00:01 | cinema | Trackback | Comments(0)