カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

●ドラマ●One Tree Hill S4:1「The Same Deep Water As You」

One Tree Hill Season 4のレビューはじめます。

ネタバレありなので、観ていない人は気をつけてくださいね♪
 
Season 4 :1(#68)「The Same Deep Water As You:水の底の恐怖」



☆あらすじ☆

レイチェルとクーパーの乗ったリムジンが転落し、
助けようと、ネイサンが飛び込み・・・

そこへ、カレンとルーカスの乗った車が通りかかり、
なんとか3人を救出。
病院へむかう・・・。

ルーカスは、カレンにキースの子供を妊娠したのか?と尋ねた。
それ以上に、カレンに、ブルックが妊娠しているんじゃないか?と聞かれる。

ペイトンは、ブルックに、「ルーカスにまだ気持ちがある」と打ち明けた結果、
友達関係を解消され、悩んでいた。が、ルーカスへの気持ちもあきらめられず・・・
そんなとき、エリーのLPから異母兄弟がいる、という手紙がでてくる。
そのことを、ルーカスと話しているところをブルックにみられてしまう。

ネイサンは、キースが救出してくれたことが脳裏から離れない。

ヘイリーはスタンフォード大に合格。

ブルックは、病院にむかい、ペイトンとルーカスが抱き合っているのをみてしまう・・
そのあと、ルーカスに、「妊娠していない」と伝えるが・・
ルーカスに、自分が不安だったことを伝え、別れを告げる。
そして、ペイトンの家をでて、レイチェルと同居することに。
が、ヘイリーとともに、病院で妊娠の告知を・・・。

レイチェルは、クーパーがあきらめられないが、妊娠の話は嘘・・・
結局そのことが原因で、クーパーは去ってしまう。

ダンは、自分がキースを殺したことが間違いだったことに気付き、毎日
罪の意識に苛まれる。


------
S3からつながるキーワードは、「pregnant(妊娠)」だねー。
レイチェルの嘘、
ブルック・・・さて、結果は・・・?

そして、ルーカス・ブルック・ペイトンの三角関係はまた微妙です☆
ペイトンが、「ルーカスにまだ気持ちがある」ということがブルックにとっては許せない。
だけれど、ルーカスとペイトンはスクールシューティングで同じ傷を共有している、
それが不安でならない、ということなんだろうと。
ルーカスは、ブルックに気持ちはあるけれど、一人で不安げにしているペイトンをほっておけない。
この言葉に象徴されているんだと思う。
「Peyton Sawyer is good friend」(ペイトン・ソーヤーは親友だ)
「Brooke Davis is my girl friend.」(ブルック・デイビスは俺の彼女だ)
「 At least for now she is」(少なくとも、今は)
そしてブルックが一方的に関係を切ったけれど、ルーカスはペイトンの気持ちを知らないわけだから、納得いくわけはないのよねー。
しかしペイトン、ウェブカメラの前で抱き合ったりするのはどうなんだよ・・(苦)

ネイサン・ヘイリーはなんだかラブラブですねー。
毎回思うんだけど、OTHってこの二人をS1で結婚させちゃったのって
ちょっと安直だったんじゃないかなーとか思うんだよね。
人間関係が確定しちゃうと、広がりが減っちゃうよねえ。
S2はこのふたりの関係が面白かったんだけれどな。

レイチェルは・・いまいち理解できないキャラクター。
そんなにクーパーが好きなんだ?と。
でもこんだけヒールって感じの役ってすごい。韓国ドラマのようだ(笑)

最後に、coldplayの「a massage」がかかるのがとても心地よい♪
このドラマって、当時流行ってる曲を使っているんだよね。

それにしても、チャドとソフィアをみていると、微妙な気分(笑)
私生活でいろいろあってドラマでまで・・・と思うと。
ちょうどこれ、リコンしたあとじゃないのかしら・・・??
ある意味プロだ・・・・
にしても、相変わらず、苦手だ、吹き替え;;
どうして字幕版がないんだろう・・・と、毎回思ってしまうよー。

f0062680_384690.jpg

トラックバックURL : https://yukiyukiot.exblog.jp/tb/14878315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukiot512 | 2010-10-29 01:40 | OTH | Trackback | Comments(0)