カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

●旅行●スペイン・2010・11(13)「サグラダファミリア。」

まだ続いてます。なんとか終わらせなければー。

再度バスで移動です。
いよいよ、お待ちかねの「サグラダファミリア」へ!




バルセロナといったら、やはりサグラダファミリアでしょ!
120年以上作り続けているという。。。
(最近、横浜駅が日本のサグラダファミリアじゃないか、という噂があるが、120年はいかないね)
いつまでも駅が工事中・・・・

ささ、バスの中も盛り上がって、
トウチャーーーーーーーーーーーーク(^Д^)ノ
一応、スリが多い、という注意もちゃんとうけて。
(本にも口コミにも、サグラダファミリアは多いって書いてあったのでOK♪)

ババーン!!!!

f0062680_2331084.jpg


皆写真撮影しはじめそうだったけれど、まずは中を見学。
ということで、超日本語が上手なガイドさんにくっついて、中へ。
チケットももらいました。
12ユーロです。
団体入口から入ります。

f0062680_23152374.jpg


f0062680_236919.jpg

チケット☆

f0062680_23133231.jpg

エンジニアのひとたち。

f0062680_2317548.jpg

クマ吉も撮影♪


サグラダファミリアですが、
2010年の11月初旬に、ローマ法王により献堂式が行われて、正式に教会として認定されたとのこと。
(あたしがいったのが11/19だったか・・・凄いタイミングだ)
ちなみに完成予定は2026年とのこと。

2026年に本当に完成するんだろうか?

ツアーだから、ガイドさんについて中に入って、サラっと見学だったのだけど、
とにかくその雰囲気に圧倒されて、説明とか必要無いと思った。
フリーでいって、自分の気のままに回るっていのが一番いいと思うな。
片手にガイドブックを持ちながら。
今回の旅ではそれを凄く実感した。
初めて欧州にいったのは、フリーだったので、解らないながら、大英博物館と、ルーブルを回ったのでした。
でのあの時のことははっきり覚えているし、贅沢な時間だったと思う。
ツアーはツアーの良さがあるけれど、美術館や博物館は、フリーでのんびり回るのが一番おすすめです。

中へ。

f0062680_0293374.jpg



ステンドグラスは本当にキレイだった!
幻想的な雰囲気で・・・荘厳な気持ちになった。
やはりここにも細かい装飾が施されていた。

f0062680_0313897.jpg



f0062680_0335417.jpg


このあたりは、この頃にできた、ということで、日々中が変わっているようだ。
(そういえば、あたしが行ったあと、サグラダファミリアで火事かボヤかあったってニュースでみたけれど、
大丈夫だったのかな?)


地下には、ガウディが眠っている。


f0062680_03999.jpg


f0062680_0374159.jpg


そこは観られなかったけれど、人生をかけたところに眠る・・・ 、
彼にとっては幸せなことだろうな。
パイプオルガンもこの頃とりつけられたみたいだ。
色々説明をしてくれてたけど、
そんなことより、本当に実際その場で中をじっくり観る、ということだけで
心がいっぱいになった。

そして外へ。

外は、遠くから解らないような、これまた細かい彫刻が色々なところに。
それがただ、装飾としてあるわけでなく、ちゃんと意味があるのです。
ガウディがお金を使い果たした原因がよく解る。
外をガイドさんに説明うけながら見学して、自由時間になりました。

f0062680_122533.jpg


f0062680_103132.jpg


ガイドさんいわく、お土産コーナーが非常にやる気がなく(笑)遅いので、
お土産を買うなら先にいったほうがよいということだった。
なので、
皆でお土産やに。
友達にお土産で、キーホルダーと、サグラダファミリアのレプリカを何個か、
自分用に、絵はがきと、ペーパーホルダーを買いました。
しっかし、きいてたとおり、やる気ない!(苦笑)
チンタラチンタラ・・・スペイン人らしいというかなんというか・・・。
というか、ヨーロッパに、「サービスという言葉はない」と何かできいたので、あまり驚かなかったけれど。
(基本、スペインはどこいってもこんな感じだったけどね)


本当はもっともっと観られるところがあるんだと思うけれど、
実際にサグラダファミリアを観てぼーっとできる素晴らしい体験でした。
こういう場所は、歴史的背景が解ったほうがいいから、ガイドつきがいいと代理店の人が
話していたのだけれど、
しつこいけれども、
さっきも書いたように、そんなもんなくても心にうったえかけるものがある。
そこにいられる、感じる、それでいいんだと思う。
だって、説明きいてへえ、という時間よりも、自分でみて、なんだろうって思って、
本とかみて・・・っていうほうが全然経験として大きいと思うのだ。
今回の旅で学んだこと。
自分の足で歩いて、感じて、観る、これに超えるものってないと思う。

そして、お土産を買い終わって、まだ集合時間まで時間があまっていたので、
また撮影大会☆
そしてなぜか、あたしと友達は二人で、自分撮り、にハマって、
意味のない画像がどんどん増えていったというw

最初は、友達が、「撮ってあげようか?」っていってたんだけど、
そのうち、自分もやりはじめて、「面白いかも!」って(笑)
同じツアーの人がやってきて、「撮影しますよ?」って撮影してくれたんだけど(笑)
こんなアホなことを世界遺産でやるあたしたち・・・さすがです。

してもちろんクマ吉くんも撮影です。

f0062680_23224354.jpg


こういう画像は、撮影したいと思っても、なかなかできないから、記念になるし、
かわいいしいいなーと。
同じツアーの人に、クマちゃんかわいいですね、と言われました♪この子はちょうどいいのよね、
こういう旅に。
ブログ素材だとかのために撮影してたんだけど、記念としてもいいかなと。
あっちこっちのアイコンに登場させてます☆彡
というか、このクマちゃん、いろんなところにお出かけしてます♪

f0062680_2327376.jpg


サグラダファミリアにいる間に日は沈みまして。
車窓でカサ・ミラ観光です。

f0062680_2338215.jpg


車のなかから頑張って撮影~☆☆
ウォンカーウァイ風・・・www(ただ、夜景で歪んでるだけ)

f0062680_2341624.jpg

やっぱりいいなぁ~。
こういう写真を観ると、ヨーロッパ行きたいなぁって思うよー。
特に冬のヨーロッパ、寒いんだけど、凄くいいよね。
(バルセロナはそんなに寒くなかったけれど)

そして、一路ホテルへ。
ここで驚きの展開が☆
トラックバックURL : https://yukiyukiot.exblog.jp/tb/17514905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukiot512 | 2012-08-27 23:46 | Spain | Trackback | Comments(0)