カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アスリートというもの。

浅田が来季で引退、というニュースが。
驚いた。
だけれど、どこまでもアスリートらしい、見た目の天真爛漫さとは逆の、浅田の強さを感じた。



「真央、来季での引退示唆「今はそのつもり」/フィギュア」

けれども、その位次の五輪にかける気持ちが強いのだと思う。
あと、女子フィギュアのピークは20歳位。
次の五輪・・・と考えても、27歳・・・そう考えると、ソチが彼女の中で区切りとして考えられる一番のタイミングなのかな?と、思う。
勿論、スポンサー、連盟などの絡みで、「引退」とはいってもなかなか難しいところはあるのかもしれない。
だけれど、この何年間、彼女がいることで、どれだけの恩恵をフィギュア界はうけてきているのだろう?
と、思う。
今は、五輪まで、静かに見守ってほしいと思う。
マスコミも、スポンサーも、連盟も。
彼らが彼女にできるせめてものことじゃないだろうか。

これだけ人気があり、アスリートらしい選手はなかなか現れないと思う。何年に一人だと感じる。
ではじめは、天真爛漫、どちらかというとジャンプメインの選手だったけれども、
その後の進化は目をみはるもので、素晴らしいと思う。
私が一番好きなプログラムは、「ノクターン」です。
こういうふわふわした雰囲気が出せる選手はなかなかいないと思う。
そしてショパンの曲が一番似合うと思う。
ジャッジには色々思うところがあるけれど、次の五輪では、最高の演技が出来ることを願ってます。
by yukiot512 | 2013-04-14 01:10 | figure