カレンダー

2008年 01月 20日 ( 3 )

待ち合わせがのびて、少しまた余裕ができたので、
のんびり好きな絵を座ってみていると、
隣にいた外国人が、突然話しかけてきた。
(欧州人の渋いオジサマ)

あたしの持ってる館内マップをみて、
「それは中国語?」 ときいてきたので、
あたしは「違います~、日本語ですよ~」と答えたのだ。

そしたら、「日本語と中国語って違うの?」
となぜか不思議な質問をされる。
思うに、外国人にとって、「漢字」ってとても難しいモノだから 同じに見えるのかなーと。
なので、「違います、違います~」
といったら、「へぇ~」という顔をしていた。

そしたら、今度は不思議に思ったらしく
「一人できたの?」
ときいてきたので、
「友達と一緒だけど、別々に見てるんですよー」
と答える。
すると、そのオジサマも、
「自分も友達ときていて、モナ・リザの前で待ち合わせてるんだよ(笑)」
と。
そんなこんなで、英語でコミニュケーションしました☆
いってることも解ったし、こういう会話程度ならあたしも大丈夫みたい♪
日本から来て、明日には帰るんですよ~とかそんな適当な会話をして、
そのオジサマは、「じゃぁ、楽しんでね!!」と去っていったのだ。
英語に自信がなくなってたけど、軽いお話ができて嬉しい瞬間でした。
知らない人に話しかけられて、結構ビックリしたんだけど、こういう触れ合いもあるのね。

で、のんびり歩きながら絵をみていると、
各お部屋にスタッフの人が座ってるんだけど、
「コンバンワー」と日本語で声をかけてくるひとがいたり、 なかなか面白かった。

ルーヴルは、色々な人がいて面白かった。
絵の前で写真を撮ってる家族連れ、
新婚旅行チックなカップル・・・絵はあまりみていなんじゃないの?みたいな(笑)
ガイドブック片手に、一人旅の女性も多かった。
割合ツアーなのは、アメリカ系、北欧系がおおかった。
そんな人間ウォッチングもしたりして☆

そして方向音痴のあたし、行き止まりを見落として、
「マダム!!!」と声をかけられること、数回・・・ミットモナイ・・・・ orz

それにしても、本場のルーヴルは広くて、絵しかみられませんでしたが、
すごく楽しかった。
ここの載せた以外にも沢山絵をみたのだけど、
どれもこれも、のんびり、その絵の前で見ることが出来るのです。
日本にルーヴルが来ると、入るまで行列、
そして、絵をみるのも人の間からみていて、疲れた記憶があります。
でも、さすがに本場のルーヴルはそんなことがなく、のんびりゆっくり 絵を堪能できました。
好きな絵の前に座って、ただただ眺める。
そんな贅沢な時間を過ごしました。

でも、横浜のルーヴルにいっていたので、前知識があってよかった。
そういう意味でも、オーディオガイドは結構活用した。

ルーヴルの中の階段。
とっても広い。この階段をみて、感動しました。

f0062680_159850.jpg

by yukiot512 | 2008-01-20 01:59 | trip | Trackback | Comments(2)
モナ・リザを探しまくっていたあたしですが、
半、涙目になりながら、ウロウロ、ウロウロ。
すると、「モナ・リザこっち」の札がまたでてきた☆
なんかねぇ、これ、途中でどこにあるのか解らなくなったりで、
途方にくれてたんです。

おおおお!神の助け!!
って思ってその方向へ行くと、やっとみつけました!!
モナ・リザ。
f0062680_1373285.jpg

周りには人だかりがいっぱい。
警備の人も沢山いました。
フラッシュをたかなければ、写真撮影OKということだったので、とってみた。

それでも、日本のルーヴル展なんかより全然見やすいのだけど。
思ったよりモナ・リザは小さかった。
また、小難しい解説をきいて、解ったようなわかんないような(笑)
でも、しばらくみていた。

しばらく眺め、満足して、気の向くまま歩く。

すると、以前、横浜のルーヴル展でみて気に入っていた絵を発見!!
f0062680_1411035.jpg

何ていう絵なのかわからないんだけど・・・
すごく好きな絵で、本場でみれて、感動しました。
しばらくこの絵の前のいすに座ってました。
幻想的な雰囲気がとても好きです。

あともうひとつ、気に入った絵が、
ナポレオンの戴冠。
f0062680_1432190.jpg


この絵も、横浜でみたけど、じっくりみれて、感激です。
ドレスのフリルとかも細かく描写されてます。
すばらしいです。ダイナミックで。

そして、そんなこんなで待ち合わせの時間が近づいてきて、待ち合わせの場所に行こうかなぁって思ったら、
友達からメールが入って、
「もう少しみたいからあと1時間くらい延長しない?」と。
あたしもまだまだ見たりなかったので、OK!ということで、
また回ることに。
こういうとき、海外携帯は非常に便利です。

その前に、グッズ売り場で、絵葉書を買いました。
5ユーロくらいだったかなぁ?
ほしい絵がちゃんとあって満足☆
by yukiot512 | 2008-01-20 01:47 | trip | Trackback | Comments(0)
てくてく歩いて、ルーヴルに到着。
圧倒されました。
広いなんてもんじゃない。すごい。
f0062680_134686.jpg

眺めてて、ため息がでました。
f0062680_194298.jpg

そして、入り口にはプチ・凱旋門みたいなものもありました。
f0062680_1104524.jpg

そしてそして。
見えてきましたよー、ピラミッドが!!
おおーーーーーー・・・やっぱりこれ、すごい違和感だなぁ。
f0062680_118224.jpg

そして、ちらりとエッフェル塔がみえて。
f0062680_1195796.jpg

とってもキレイだった。

そして、入り口。
ここはもう、観光客で溢れてましたよ(笑)
f0062680_1212462.jpg

いよいよ中へ。
ミュージアムパスを持っていたので、中へはさっくり入れる。
f0062680_245085.jpg
(出るのも自由だし♪)
ミュージアムパスは色々な美術館で使えるので沢山いく人にはお得。
(今回、もっと沢山美術館回ろうとおもってたのだ)
でも、並ばずにルーヴルに入れたので、これはこれでよかったと思う。
あたしたちが買ったのは2日券。裏に名前を書くところがあるのだ。

中には、コートを預けるクロークみたいなところがあって、
札を貰って預ける。
そして、友達と、待ち合わせの時間をきめて、別れる。

あたしはとりあえず、そんなに高くないので(というか高いのかもしれないけど、ロンドンで感覚が狂ってた)オーディオガイドを借りてみた。
日本語説明があるとのことだったので。

f0062680_1244881.jpg

クレジットカードを預けて、レンタルする。
これ、気付いたけど、クレジットカード1枚しかないと、借りれないですね・・・
もしくはパスポート、免許でもよいみたい。

そして、日本語の館内マップを貰ってサックリ中に。 (各国語のマップがあった)
で、勿論、「モナ・リザ」を一番に見たかったのに、 方向音痴のあたしです。
モナ・リザはコチラ・・・と書いてあるのに、
何でか違うところに行き、ミロのヴィーナスに到着・・・アレ?
まぁ、とりあえず、いいか・・・というわけでオーディオガイドを操作してなんだか小難しい解説をきいて納得(?)

そしてまた探す・・・が。 中もあたりまえに、広い、広い。ホントに広い。
なかなか見つからない。

「モナ・リザこっち」みたいな看板があっちこっちあって、それ通りに行ってるのにぃ~!
うろうろ、うろうろして・・・仕方ないから、
英語で、スタッフの人に、「モナリザワドコデスカ~!!(泣)ときいてみる。
通じたらしく、
「まっすぐいって右ですよ」と。
おお!これでいける!
と思いきや、迷うのが、あたし。で、迷い、なんだか解らず
いろんな絵を見る・・・
「ウワァーン、モナ・リザどこぉ~」といいながら・・・
ホントバカなあたし・・・
by yukiot512 | 2008-01-20 01:34 | trip | Trackback | Comments(0)