カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
てくてく歩いて、ルーヴルに到着。
圧倒されました。
広いなんてもんじゃない。すごい。
f0062680_134686.jpg

眺めてて、ため息がでました。
f0062680_194298.jpg

そして、入り口にはプチ・凱旋門みたいなものもありました。
f0062680_1104524.jpg

そしてそして。
見えてきましたよー、ピラミッドが!!
おおーーーーーー・・・やっぱりこれ、すごい違和感だなぁ。
f0062680_118224.jpg

そして、ちらりとエッフェル塔がみえて。
f0062680_1195796.jpg

とってもキレイだった。

そして、入り口。
ここはもう、観光客で溢れてましたよ(笑)
f0062680_1212462.jpg

いよいよ中へ。
ミュージアムパスを持っていたので、中へはさっくり入れる。
f0062680_245085.jpg
(出るのも自由だし♪)
ミュージアムパスは色々な美術館で使えるので沢山いく人にはお得。
(今回、もっと沢山美術館回ろうとおもってたのだ)
でも、並ばずにルーヴルに入れたので、これはこれでよかったと思う。
あたしたちが買ったのは2日券。裏に名前を書くところがあるのだ。

中には、コートを預けるクロークみたいなところがあって、
札を貰って預ける。
そして、友達と、待ち合わせの時間をきめて、別れる。

あたしはとりあえず、そんなに高くないので(というか高いのかもしれないけど、ロンドンで感覚が狂ってた)オーディオガイドを借りてみた。
日本語説明があるとのことだったので。

f0062680_1244881.jpg

クレジットカードを預けて、レンタルする。
これ、気付いたけど、クレジットカード1枚しかないと、借りれないですね・・・
もしくはパスポート、免許でもよいみたい。

そして、日本語の館内マップを貰ってサックリ中に。 (各国語のマップがあった)
で、勿論、「モナ・リザ」を一番に見たかったのに、 方向音痴のあたしです。
モナ・リザはコチラ・・・と書いてあるのに、
何でか違うところに行き、ミロのヴィーナスに到着・・・アレ?
まぁ、とりあえず、いいか・・・というわけでオーディオガイドを操作してなんだか小難しい解説をきいて納得(?)

そしてまた探す・・・が。 中もあたりまえに、広い、広い。ホントに広い。
なかなか見つからない。

「モナ・リザこっち」みたいな看板があっちこっちあって、それ通りに行ってるのにぃ~!
うろうろ、うろうろして・・・仕方ないから、
英語で、スタッフの人に、「モナリザワドコデスカ~!!(泣)ときいてみる。
通じたらしく、
「まっすぐいって右ですよ」と。
おお!これでいける!
と思いきや、迷うのが、あたし。で、迷い、なんだか解らず
いろんな絵を見る・・・
「ウワァーン、モナ・リザどこぉ~」といいながら・・・
ホントバカなあたし・・・
by yukiot512 | 2008-01-20 01:34 | trip | Trackback | Comments(0)
非常に画像が多いエントリかも。。

おなかもいっぱいになり、
オペラ座からオープンバスに乗る。
イヤホンつけると、いろいろ説明が。
(たいした内容じゃないけどね)

昨日は雨だったけど、今日は晴れなので、二階にね♪
(2階は屋根がないのです)

寒いけど、キモチいい!!
見えるものをカシャカシャとりまくりました。
ヴァンドーム広場の柱。
なかなかキレイ。空のあおが。
f0062680_22505771.jpg


パリのウェスティン。
f0062680_2311744.jpg


コンコルド広場。
ここでマリーアントワネットが処刑されたとは
思えないくらい、平和ですね。。
f0062680_2323862.jpg


で、バスの中からがんばってるの図。
バスがとまった隙に、たって(危険です)撮影(苦)
あ、これ、凱旋門を撮ろうと、身を乗り出して撮ってました。
危ないのでまねしないように。

f0062680_2344291.jpg


f0062680_235399.jpg


f0062680_2371383.jpg


で、到着、凱旋門。
・・努力は報われたのか!?

f0062680_2382799.jpg


ここで止まってるときに、アジア系のコが、凱旋門と自分、の写真を撮っていた・・・
きっと、凱旋門は入ってないでしょう。。。自分撮りだから・・・

エリゼ宮?
フランスの大統領府ですね。
f0062680_2312546.jpg

いまいち自信がないけど、たぶん・・・
撮ったはいいけど、なんだっけ?!みたいのもおおくて(笑)

エールフランス。
大きいですねぇ~。エリゼ宮の近くにありました。
f0062680_23133676.jpg


そして、エッフェル塔。
f0062680_23184297.jpg

何度見てもいいなぁ。

ストのせいで、車だらけ。
f0062680_23214962.jpg


そして、ポン・ヌフ。
フランス映画が好きな人なら絶対知ってる、
かの有名な、レオス・カラックスの「ポンヌフの恋人(原題/LES AMANTS DU PONT-NEUF’91フランス)」
の舞台の橋。フランスで一番古い橋。
f0062680_23314847.jpg


降りて写真撮りたいくらいなんだけど、外からで我慢。
ポン・ヌフの恋人はここで撮影しなかった、とちゃんと
オーディオガイドがいってた。
(実際は実際と同じ橋のセットを作って撮影)
長年あこがれてた場所だけあって、嬉しかった。
フランス映画は、大学時代本当によくみて・・・今回の旅では
それを思い出す場所にいけて、感激でした。
実際、ポンヌフの恋人は、ポンヌフで撮影されたわけではないけれど、
モデルの橋だし。
あの映画を思い出すなぁ。。。
しばらくぶりにフランス映画を見なおしたいと思った。

そして、またまたノートルダム♪
あおい空がいいなぁ☆
f0062680_23403128.jpg


そして、オルセー美術館。
ここで下車。
時間がないので、中へは入らず。
でも、ストで、16時半にしまります・・・・といっていた。
全く!!!ストって一体!!
RERの駅が傍にあるから、電車のストの影響だねぇ。。。
日本語でアナウンスしていたよ。。。

ここは、もともと駅だったらしい。
次回いったら中に入ってみたいなぁ☆

f0062680_23425276.jpg


f0062680_2346459.jpg


そしてセーヌ河。
セーヌ河岸はユネスコ世界遺産だけあって、眺めは最高です。

f0062680_2348838.jpg


癒されます。ホント。
そして、ここから、ルーヴル美術館へ向かいます♪

f0062680_2348582.jpg

by yukiot512 | 2008-01-17 23:55 | trip | Trackback | Comments(0)
返金してもらって、解決したので、
明日の飛行機のウェブチェックインをするために、ネットカフェに向かった。
和みどころうらぱす
日本語環境があって、とってもベンリ♪
ここでブログを更新☆
パリからこんにちは♪

そこでサクサクとウェブチェックインをして、
お店の人に、(もちろん日本人)ストの状況をきいてみる。
すると、空港までのバスも、間引き運転しているとか!!!
マジですか!!
聞いてよかった・・・・本当にこれは帰るときに痛感したんだけれど・・・・
このネットカフェはベンリだった☆
ありがとうございます♪
日本語ができるってステキです。

そしておなかがすいたので、またもやその辺のcafeに入る。
また適当なサンドイッチと、飲み物を頼んだら、
サラダとハムがはさんであるサンドイッチと、
アイスコーヒー(甘い)がでてきた(笑)
ちなみに、「日本語メニュー」があるとこだったような。

チーズがやっぱり美味しかった、フランス☆
ハムと野菜も豊富に入ってて、ボリューム満点でした。
f0062680_2142417.jpg

なんだろ?と適当に頼んだら、アイスコーヒー。甘かった(笑)
f0062680_21421957.jpg

カフェー♪な外観。
f0062680_21424318.jpg


アイスコーヒーはビックリした。
アイスって初めて飲んだ・・・欧州で・・・
スタバにもアイスラテってないし。フラペチーノとかは
あるかもしれないけど・・・

そしてその後は、MONOPRIXっていう、フランスのスーパーで
会社むけのお菓子を買う。チョコレート♪これは好評でした。
日本でもあるけどね、たぶん。←銘柄忘れた
ソニプラで売ってる、輸入系のチョコも豊富にあって、何枚か買った。
f0062680_21491397.jpg

あと、ロンドンで、噛むと中からトローって違う味がでてくる、ガムがあって、
それがほしかったんだけど、パリには同じものがなくて、コレ。
美味しいです。観光中にずっと食べてた(笑)

その後は、ラグビーワールドカップのお店で、
お土産を買う。
ちなみにパリは、JCBは使えない模様。

ピラミッドという駅の近辺はとってもベンリ☆

そして、観光へ向かうのでした。
今日の予定はバスで観光名所を回って、
ルーヴルへ。
by yukiot512 | 2008-01-17 21:52 | trip | Trackback | Comments(0)
翌日は、そんなこんなで疲れていたのか、
寝坊して朝ごはんを食べる時間がなかった。
とりあえず、急いで旅行会社へ向かう。

旅行会社へ行くと、日本語ができるスタッフがみあたらない。
あたしより英語ができる友達が聞くと、ちょっと待て、といわれたので、
しばし待つ。
・・・・・・・・・
・・・・・・・・

そうしてるうちに、人のよさそうな、40歳くらいのおばちゃんがやってくる。

とりあえず、あたしは昨日の事情を話す。
☆渋滞でずっとバスに閉じ込められてたこと。
☆添乗員が何をいっているかわからなかったこと。
☆マイクの音が悪いうえ、アクセントがほぼ、フランス語で、
英語にはきこえなかったということ。
☆知らないうちにクルーズはキャンセルになっていて、
☆何がなんだか解らないうちに、バスを降ろされたこと。
☆知らないうちに添乗員が降りていたこと。
さすがに欧州とはいえ、それはないんではないか、と。
☆わけが解らないまま、2枚チケットを渡されていたということ。

すると、おばちゃんは、
申し訳なさそうに、説明をしてくれた。
・チケットは2年間有効(何故2年!?)
・渋滞でクルーズがキャンセルになったこと。
(ストの関係ですごい渋滞だったらしい)
→そんなことをいってるなんてなーーーーーんも解らなかったわ。。。
アクセントが完璧仏語で、ノンネイティブには辛かった。


でも、あたしたちは、今夜は今夜の予定があるし、
また渋滞に巻き込まれるのもイヤなので、チケットを返すから、
返金をお願いした。
すると、あっさりOK。
こちらの言い分としては、いくらなんでも、ツアーの添乗員が
顧客が降りる前に、先にバスを降りているのが不思議でならなかった、
ということを主張。
確かに欧州には「サービス」なんて言葉はないんだと思う。
(日本でいうサービス、ね)
サービスがいいのは、日本くらいだ、と実感するが、
それにもしても、外国人相手にやっていて、フリーのオプションに
つけるのなら、あんなに責任感のない人だったら困るではないか・・・と。
そしてネイティブでもわけがわかんないような、英語で、日本人に解るわけがないです、と。
それに、最終的に説明してもらおうにも、降りちゃったらきけないし、
この会社はしまっているし、・・・と。

まぁ、これだけの理由があれば、返金してくれるんだろうけど。

とりあえず、あのおばちゃん、クレームなれしていたよ・・・・
日本人の感覚と、欧州人の感覚の差かもしれないけどね。
映画でも、「ヨーロッパにサービスというコトバないな」ってセリフが
でてきていて、ある程度は、と思ったんだけれど、
まさか自分がこんな体験をするとは・・・(汗)

でも、このトラブルで思ったことは、トラブルにあっても
長く引きずらないで、笑い飛ばすこと。
これが重要だということ。
時間がムダになっちゃうもんね☆
それもひっくるめて、いい経験だと思うことにした。
クルーズは残念だったけど、また行けってことだと思うので、
それはそれでよしとする、ってことで。
このときはかなりショックだったんだけど。

数日後こんな風に思うようにした☆
by yukiot512 | 2008-01-16 23:35 | trip | Trackback | Comments(0)
バスティーユにいったあたしたちは、相当雨に濡れて、
さすがに寒くなり、
とりあえず一度ホテルに戻ろう、ということになりました。

ホテルに戻って、役立ったのが、ドライヤー!!
海外用ドライヤーを買って持っていったんだけど、
欧州のホテルの備え付けのドライヤーは備え付けのやつだったので、
本当に持って行ってよかった。
小型だけど、なかなか風量もあって、ちょうどよかった。
変圧器はオールマイティのをビックカメラのポイントで調達したし♪
重いからやめようか、とも思ったけど、意外にベンリでした。

そのドライヤーで濡れた衣服とかを乾かして、
少し休む。

そして、夜景ツアーの集合場所に向かう。
集合場所はホテルから、10分くらいの場所にあった。

ワラワラいろんな国籍の人がいました。
イタリア人が激しかったなぁ・・・
まずはイルミネーションをみて、そのあと、セーヌ河をクルーズする、
というツアー。

バスは2階建てで、添乗員にブッキングのバウチャーを渡して、チケットとイヤホンをもらい、2階へ。
友達とあたしはそれぞれ窓際へ。
イヤホンで各言語での案内があるのです。
で、添乗員が何か話し始めたのですが・・・
全部フランス語????
・・・このツアー、どうみても、フランス人はいないんだけど?
日本人、イタリア人、アメリカ人、って感じだったんですが。
どう聞いてもフランス語に聞こえるのです・・・
あとで気付いたんだけど、英語、イタリア語、フランス語(ツアーの添乗員がいるグループがあったから)という順で喋ってたみたい。
で、まぁ、とりあえず、雨の中をイルミネーションをみつつ
バスはエッフェル塔とか、コンコルド広場、凱旋門、シテ島、
そういう昼間回ったところを通った。

雨が降ってなければ、エッフェル塔とかすごいキレイだったのになー・・・なんて思ってるうちに、
凱旋門近辺ですごい渋滞に巻き込まれ、
まるでGWの東名ですか!?みたいな感じで。
非常に疲れた・・・
が!
そんな問題じゃなかった。
あたしは渋滞とかボケーとしつつ、いろいろ外を眺めていたんだけど、
突然人が降りていって、何がおきてるのかさっぱり解らず、
添乗員は、突然あたしにチケットを渡していった。
????
全く理解できず。そりゃ、そうだ・・・マイクの音質は音が割れてすごいモノだったし、
英語というよりフランス語に聞こえたし。
(フランス人は英語を喋らないんじゃなくて、英語が苦手なんだろうな・・と思いましたわ)

すると、バスは元の集合場所に戻り、降りることに。
え、なんで?

え、クルーズは?クルーズはドウナッタンデスカ?
全く解らず。
残ったのはアメリカ人二人、どこの国だか解らない2人・・・と
あたしたち。
この6人は何がおきたのか理解してなかったように思う。
、なんだかすっごい後味が悪かった。
ツアーを楽しみにしていたぶん、疲れが増しました。
ていうか、


添乗員勝手に途中下車するんじゃないよッ!!

それに一番驚いたわ。フランス気質なのかもしれないけどねぇ・・・
こればっかりはお手上げでした。
とりあえず、次の日説明してもらいにいくことにした。

そしてその夜は、マックでゴハンを食べました。
マック自体はフランスのマックはポテトが選べるのね。
普通のポテトと、皮付きのヤツ☆
チキンバーガーと、コーラと、ポテトで。

f0062680_2319460.jpg


そのあと、また例のcafeにいきました。
EXKI。
そしたら、ステファン似の店員さんがいて和みました ♡
カッコよすぎ・・・・。。
この日の癒し系でした。。。
by yukiot512 | 2008-01-16 23:22 | trip | Trackback | Comments(0)
そして、朝。
コンチネンタルスタイルの朝ごはん。
ロンドンが、豪華だったので、ちょっと寂しいかんじ(笑)
f0062680_0301925.jpg


f0062680_0303854.jpg


クロワッサン、フランスパン、シリアル、オレンジジュース、
コーヒーか、ココアか・・・そんなかんじで。
ロンドンのホテルの朝は豪華だったなぁ、と遠い目。
欧州のホテルはこのスタイルが一般的のようです。
f0062680_0312324.jpg

古いけど、かわいいのです、このホテル。
昔テレビでみたかのような、内装。

この日の予定は、いわゆるパリの名所を回るという観光デイ♪
まずは凱旋門をめざして・・・天気悪いけど、雨はパラパラ程度だし、
ダウンのフードかぶってがんばることに☆
スニーカー、ダウン、正解でした!

メトロの入り口。
メトロは乗ってないのですが、英国とはまた違う雰囲気で。
f0062680_0322488.jpg

・・・あとで知ったんだけど、ストで大変だったみたいです・・・
そして凱旋門へむかう。
途中、プランタンがあった。
f0062680_035856.jpg

シャルル・ドゴールの像。
f0062680_0355155.jpg

凱旋門までは歩けるっていうことで、結構歩いてなんとか到着。
途中、優しいフランス人のおじさんや、お兄さんが助けてくれました☆☆
大きなとおりにでて、ソコはシャンゼリゼ!!!
すごーーーい!!本当に広い。
そして、テレビでみたまんまの風景!!
本当に広い。
f0062680_034543.jpg


近くにルイ・ヴィトンもありました。写真とってみた(笑)
f0062680_037818.jpg

そして、凱旋門!!!
デカッ!!すごい!!感動!!!
f0062680_0383935.jpg

と、感動していると・・・・雨がひどくなってきた・・・
さすがにどうしよう・・・と困っていると
シャンゼリゼの横に、観光バスが止まっているじゃないの!
「レ・カー・ルージュ」
というオープンバスツアーで、お金を払えばのれる・・・ということで、
これに乗ることに。
観光名所を回るバスです。

二日間乗り放題で、22ユーロ。
3500円くらい。
口コミサイトでは割高、とあるが、パリ全くわかりません、のあたしたちにはとってもベンリなモノでした。
時間をお金で買っている・・・という感じです。

さて、そんなこんなで、このバスに乗り、エッフェル塔で降りました☆
f0062680_0392672.jpg



エッフェル塔もとてもすばらしく、ここでも沢山記念撮影。
ここで撮った写真を年賀状にしましたが、何か?(笑)
お土産屋さんで、エッフェル塔の置物を買う。
(頼まれてた)
そういえば、この近辺にはジプシーがいっぱいいた。
気をつけないとスリにあうぞ!と思って、チェーンでつないである
お財布をがっつり握って歩きました(笑)

行く前に会社の人が、「エッフェル塔は、すごい人が並んでて、上れないよ」といっていたけど、本当だった。
なんなんだろう、あの行列は!っていうくらい人が並んでいて、ビックリ。
と、いうことで、横目でみてとおりすぎる。
で、またバスに乗り、ノートルダム大聖堂に行くことに。
ノートルダムにつくと、また雨がひどくなっていた。
やっぱりバスにのってよかったな、と感じる。
ノートルダム大聖堂にも観光客がいっぱい!
f0062680_0414871.jpg


ここも、並んでいて入る気にはならず・・・。
(雨で寒くてそれどころじゃ・・・)
たぶん、並んで入ってたら、時間がたりなかったと思う。
そのあと、行きたかった、最高裁判所を見つけて大騒ぎ!
(「トリコロール白の愛」ででてきたのでいきたかった)
きゃー♪
f0062680_042405.jpg


警察庁も。
f0062680_043953.jpg


マリー・アントワネットが死刑まで収容されていた、
コンシェルジェリー。中は入ってないのだ。
f0062680_0473912.jpg

とんがり屋根!と大騒ぎしてたけど・・・中も入れたのね。

そして、その近辺で、ゴハンを食べようということに。
適当にcafeに入る。
パニーニと、カフェ・ラテ。
寒いしね・・・
f0062680_0434047.jpg

f0062680_044270.jpg

このパニーニが、すごい豪快で。
中にチーズ、トマトが入ってました。
あったかくておいしかったー☆
外でおじさんが焼いてたのね、パニーニ。

おなかもいっぱいになったところで、
シテ島から歩いて、バスティーユに向かうことに。
セーヌ河沿いをテクテクと。
雨で寒かったけど、なんとしてもバスティーユはいきたかったのだ!
結構歩いて、バスティーユに到着!

f0062680_0484675.jpg


f0062680_049753.jpg


お約束のように、友達がベルばらの歌を歌い始め(笑)
あたしはまた写真を撮りまくったのでした。
そして、またバスに乗るために、シテ島まで戻りました。
その途中、セーヌ河の脇ですっころんで、フランス人びっくりしてました。
うーんいたかった(涙)

雨は降ってたけど、映画で見た場所にいけたりしたのが、本当に
嬉しかった。

まだまだ続く。
次は最大のトラブル、夜景ツアーです。
by yukiot512 | 2008-01-16 00:55 | trip | Trackback | Comments(0)
オペラ座というところは本当にベンリで、
口コミサイトだと、オペラ座は疲れるところだから、やめたほうがいい、とあったんだけれど、
初心者には結構いい場所だった。

オペラ座はスリも多いときくが、観光客も多く、cafeもいっぱい。
食べるところには困らないぞ!!

おなかがすいたので、とりあえず、
セルフサービスっぽいcafeに入る。
「EKiLIBRE」
cafeっぽいけど、自分で好きなモノをチョイスして、お金を払って食べる・・・というスタイルで、
仏語が解らない私たちにも安心。
(レジがあった)
やっぱり、違う国の硬貨を使うのは非常に疲れるねぇ~~☆
メニューもあったぞ♪
f0062680_0125920.jpg


f0062680_014234.jpg


そんなこんなで、
あたしは、キッシュと、ズッキーニのポタージュ、カフェラテをチョイス。
f0062680_0145480.jpg


スープが飲みたかったので非常に嬉しい。
カフェ・ラテは、ちゃんと頼めた(笑)

f0062680_0153314.jpg

このカフェラテはお気に入りで、毎日買ってしまった(笑)

よく、フランス人は英語を喋らないっていってたけど、英語で
話してくれました。
さすが観光客が多いエリアだけはある♪
このcafeは気に入って、ほぼ毎日通いました(笑)

スープはまろやかで美味しい。クリーミーな感じ。
カフェ。・ラテもほどよいサイズ。
キッシュは勿論美味しい♪

結構満足して、夜だけど、少し近辺を散策。
途中でおすし屋さんをみつけて、
つめたいお茶を買う。緑茶がどうしても飲みたくなっちゃって・・・


そして、甘いモノが食べたいね~、ってことで、スタバに入る。
世界共通のスタバ、ここも同じ味でした。
少し安心な感じ。
ラテとキャラメルドーナツ。
普段は、ショット追加するんだけど、さすがにそれはしなかった(苦)
f0062680_0194913.jpg

店員のお兄さん、ERのグリーン先生に似ていた(笑)
f0062680_019231.jpg

友達が、ケーキを頼んだのに、忘れていて、
「エエッ?」と目を丸くしてお茶目なポーズをしていた(笑)
おいしかったです。
f0062680_0214831.jpg

そして街を散策。
こんなところにもキティちゃん。

f0062680_02517100.jpg

マックも少し看板が控えめ。
夜だけど、パリはステキで、
やっぱりワクワク。

この日は明日にそなえて、ホテルに戻る。

ストの関係で、ベルサイユはあきらめて、普通の観光に切り替えることにしたのでした。
by yukiot512 | 2008-01-16 00:26 | trip | Trackback | Comments(0)
ヒースローのパリ行きの搭乗口は、とても狭かった。
国際線とはいえ、ドーバー海峡をはさんですぐだからやっぱり飛行機も小さめ。
お昼時だったので、今度は、ツナサンドがでました。
とってもかわいらしいCAさんがサービスしてくれました。
「チュナサンド~♪」とちょっと仏語訛りの英語がかわいらしくて。
長い長い成田→パリと違って、
ロンドン→パリは夢のよう。 あっというまにつきました♪
入国も全然問題なかった。
EU間だから、スタンプ押してもらえないのが寂しいなぁ~~~。

そして、時差を調整して、時計を直す。
このときにipodの世界の時間がとってもベンリでした。
そして、荷物をピックアップし、イギリス・ポンドをユーロにかえて、
空港からオペラに行く、ロワシーバスへ乗り場へ向かう。
そのとき、友達に、アジア人らしき人が「エッフェル塔にここからいけますか?」とたずねてきた。
エッフェル塔に行きたいらしかったけど、・・・また無謀な。
あたしらもよくわかんないです。
アジア人ってことで、気持ちは解るけど・・・
そしてバス乗車。 連結されてるバスだった。
結構沢山乗っていました。
結構サクサク進んでたのに、途中で突然渋滞に。
オペラ近辺になったくらいかな。
たぶん、ストの関係だったと思うんだけど、結局1時間半くらいはかかったと思う。
そしてやっと、オペラ座に。
f0062680_030457.jpg

そこからがまたキツかった。
私たち、2人とも、パリは初めて。そして仏語はカタコト以下。
なので、まず、どこにいるか把握するのも厳しかった。
地図も勿論仏語、・・・スーツケースガラガラしつつ歩く。
30分くらい迷ってホテル到着。
口コミサイトで、「パリは石畳だから、スーツケースひいて歩くのは結構辛いです」とあったが本当です。
絶対、送迎はつけるべきと思いました。
と、いうか、今回のホテルはかなりベンリな場所だったので、よかったけど。

そして到着は、18時。
とってもレトロなホテルでした。
ホテル・ファバールといってゴヤが泊まったという
ホテルでした。

レセプションのお姉さんはかわいらしいパリジェンヌ。
「ボンジュール」といったら、ニコニコしながら応対してくれました。
このレトロなホテル、リフト(エレベーター)が、ドアをあけて、
しまったら上の階にいく、というような感じのエレベーターでした。
すごいレトロ。
階段は螺旋階段。なんていうか、映画でみたような・・・そんな感じで。
そしてホテルの中は、想像通りの欧州のホテル。
英国が、アメリカンスタイルだったので、すごく質素に感じた。
口コミサイトにも書いてあったとおり、最低限のモノ以外がない。
(アメニティとか、紅茶とかね)
でも、お湯はちゃんと出たし、広いし(パリのホテルは狭いらしい)
スーツケースを2個余裕で広げられた。 そういう点でなかなかよいホテルで
あったのではないかと思う。
フランスのホテルはお湯があまり出ないところも多いらしいので。
f0062680_0355593.jpg

ベットもちょうどいいサイズ。
ただし動いたけど・・・ でも、とにかく広かった。
f0062680_0363421.jpg

カギは使いにくかった。本当にあかなかった。
ある意味、安全なのか?(笑)
f0062680_03658100.jpg

こんな絵が飾ってあったり。
f0062680_0381075.jpg

まるで仏映画にでてきそうな、バスルーム!!
本当にこういうのなんだー。しかし使いにくかったけど。
まぁ、お湯がでたからいいとしますが(笑)

そして、おなかがすいたので、とりあえず、ゴハンを食べに、
外に行くことになりました。
by yukiot512 | 2008-01-10 00:38 | trip | Trackback | Comments(0)
ついに、ロンドン最後の日。
パリへ移動です。本当はユーロスターを使いたかったけど、
高いので、空路です。

飛行機が13時15分くらいだったかな?なので、
早めにチェックアウトして、地下鉄で空港に。

朝から雨。
寒い&雨&スーツケースで大変でした~。

空港まではピカデリーラインで、結構時間がかかるんだけど、
外の風景を眺めていたら結構あっというまだった ☆
空港近くになるとガラーンとして、郊外っぽい感じなのが
ちょっと雰囲気があってよかったなぁ。

そして、ヒースロー空港に。

f0062680_0145523.jpg


が。
ウェブチェックインしたら、どこに行けばいいのか
解らなかったので、適当にエールフランスのカウンターにいったら、
ちょっと違う場所だったらしい。
が、お兄さんは「no problem」と、手続きをしてくれた。

それがまたイケメンのお兄さんで!!
ブライアン・ジュベールソックリでもう目がハートですよ。
↓ブライアン・ジュベール
f0062680_0171169.jpg


あたしのフランス人のイメージって、プアなので、
絶対冷たいんだ!って思ってたのに、(仏語喋らないから)
気さくに、
「パリ、いったことある?すごくいいところだよ。食べ物もおいしいし、
買い物も楽しめるし。よい旅を」
というようなことをいっていた。喋ってたのは友達だけど、
言ってることは解った☆
いやーん、ステキ~♪♪
「写真とってもらえばよかった」とか意味不明なことをいって、
友達に大爆笑される。
だってぇ、ブライアンジュベールに似てるイケメンなんてなかなか
会えないってば!!
似てるだけだけど(笑)
そしてロンドンでは本当に英語がききとれなくて苦労したのに、
彼の英語はよくきこえたのよぅ。
エールフランスは本当にイケメンがおおかった!!
ドゴール空港はおばちゃんだったけど(笑)
このときにも、まだ搭乗口は未定。
そして、出国のセキュリティチェックはさすが、ロンドン。
靴はぬがなきゃいけないし、時間がかかったなぁ。
とりあえず、何事もなく終わりましたが。

そして、免税店をみつつ、高いので買い物もしないで、
お茶をしよう、ということになって、cafeに。
免税とはいえ、さすがロンドンです。

とりあえず、そんなこんなで雨のヒースロー。
f0062680_0192522.jpg


cafeでお茶をしながら、搭乗口が決まらないか、みていたけど、
まだ決まらない。
イライラ、イライラ・・・・
疲れたよ・・・(涙)

しかし、ヒースローは乗り継ぎに使うべからず、
と、フランスの口コミサイトに書いてあったけど・・ 確かに。
このときは参りました。 これが乗り継ぎだったらうんざりでしょ。

30分前でも搭乗口が決まらない。 ヒヤヒヤしました。
20分前くらいになってやっと搭乗口がきまって、
あわてて搭乗口へ。 もぉ~~~~!!!!!

一応、国際線なのに、やたらこぢんまりとしてました。
ここまででかなり疲れた・・・
でもロンドン、楽しかったです☆
そして、長年の憧れの、パリへ。

それにしても、ああ、もっと空港の写真とればよかったー!
あたしはすごく面倒といいつつも、飛行機に乗るのが大好きだから
それだけで楽しかったなぁ♪
by yukiot512 | 2008-01-10 00:22 | trip | Trackback | Comments(0)
アーセナルから、大英博物館に向かう。

この日はとても寒かった。

最寄の、Holbornで降りる。
近くの「sainsbry's」でサンドイッチと、飲み物を買う。

そして博物館へ。
f0062680_23531085.jpg

世界最大の博物館のひとつ。
とにかく、大きい!
なのに、無料で入れるのです。
(入り口に寄付箱がありました)

f0062680_23554398.jpg


外にベンチがあったので、そこで買ってきたサンドイッチとジュースでランチ。
鳩がいっぱい集まってきたよ~☆
おなかがいっぱいになったところで、中へ。
友達とは待ち合わせ時間をきめて、別行動。

f0062680_2357757.jpg


エントランスもひろーーい。
とりあえず、世界史などの知識が低いあたしなので、本を買ってみた。
(世界史はちゃんと履修してません)
が、オーディオガイドは高いので借りませんでした。
で、適当に中に入る。
が。
当然のことながら、解説が英語でみているうちに疲れてきて、
あまりに沢山の英文が(しかも小さい文字で)羅列されてるので、
サックリ眺めてサクサクと・・・

て、ことで、とりあえず、「日本」のコーナーがあるので、
日本のコーナーに行く。 (ソコは日本語が書いてあるし、勿論)
入り口に茶室があって、そこが外国人に人気だったらしく
やたら写真をとっている人がいた。
そして、気に入ったのがこのハニワ。
f0062680_013726.jpg


一応、ダーっとみて、エジプトのコーナーにいきたかったので、
そこに向かう。

さんざん迷ってエジプトコーナーへ。
ここだけやたらめったら人がいた。
ミイラがあったからかな?
なんかリアルで怖くて写真を撮る気にはならなかったわ・・・ (汗)

で、とにかくいろんなところをウロウロ。
モアイもいた。
f0062680_025157.jpg

あと、アメリカ系のところにはこんなんも。
f0062680_03371.jpg


階段を下りたり上ったりしているうちに、
かなり疲れてきて、外にスタバがあったことを思い出して、
スタバへ向かう。

が。
雨が少し降っていて、大英博物館の前とくれば、
スタバも混みますネ・・・
すごい混雑で、あきらめて、またミュージアムの中に。
(それにしてもロンドンにもスタバはすごい沢山あった)

ウロウロしつつ、またインディアンとかみて(笑)
疲れてきたので、ベンチに座る。
広いからかなり歩く!!

そんなことを繰り返すうちに時間がきて、入り口に行くと、
友達はもう来ていた☆
そして古代エジプトの猫のトコをみて、
外にでたのでした。
この猫はかわいかったなー。
f0062680_071434.jpg


そして、外の観光客むけのお土産ショップで、
イギリスっぽい、電話ボックスとか、二階建てバス、ビックベンとかの
置物?みたいのを買って、友達のお姉さんの家で明日の AFのウェブチェックイン
をさせてもらい、夜ゴハンまでご馳走になりました。(ありがとうございます!!)
寒い寒い一日でした。

そして、よく歩きました。
それにしても、大英博物館は、事前に計画をたてないと
相当疲れますね。
もっと計画すればよかったなぁ、と反省。
そしてもっと事前知識いれておけばよかったなぁ、と。

そしていよいよ、パリに移動です!
by yukiot512 | 2008-01-10 00:10 | trip | Trackback | Comments(0)